先日、グルテンフリーの米粉パンをネット販売されている方と夜な夜な米粉についてお話しする機会がありまして




サイリウムフリーな成形パンの配合が似ていて驚き〜


だった訳です。。。



いや、実はこれは私だけの特別な作り方 と思っていたのにそうではなかった、、、



ということで若干の動揺と共に、やはりこうゆう使い方にたどり着くのかと私の考えていたものが正当化されたような嬉しさもありました



いや


嬉しくなりました やる気が出ました 嬉しい もっと頑張るぞ






米粉のパンには正解が実はあんまりありません。



小麦パンのようにこの加水でこんな発酵でこんな配合だとこれ!みたいなものはなく全てその先生毎にお砂糖の量までもがバラバラです。







私のレッスンもそんな感じです。

はっきり言って正解がないというか、、、米粉はとてと繊細なので100パーセント同じに作り上げることが小麦よりも敷居が高いのです。






なので正解かどうか決めるのは作った人とその周りにいる人

美味しいかどうか。それが何を作るにも一番大事なことですからね





って他力本願みたいですが、実際にそうなんだと思います。

私のレシピは所詮私の味覚で作り上げたもの。

加水を少し変えたり塩梅を変えたり。

自分の好きな味にアレンジすることはとってもいいと思います







そうそう。

ディプロマをどのような形にするか最近考えておりました。

(生徒さんにもアンケートをさせていただきまして)






その中であった質問ではありませんが、お問い合わせいただいた質問にて








私のレシピをベースに少し配合変えたもの。

それなら販売しても良いか?








似たような事を聞かれる事もあります。











んもう、そこまでくると倫理的なお話しというか、、、

こちからは何とも言えないですよね💧

良心にお任せします。







私の中では、、、









レシピは無限にあると言っても材料は同じなら美味しいものを求めていくと必然的に似てくるものなんです

ただ、人から教わったか、自分で見つけたか。。。







人から教わることはいろんな事が吸収できるという代わりにたくさんの制約が付いて来たり

自分で考えた物も世間に出しにくくなりますよね。






しかしそれは自業自得というかそれだけの覚悟が必要かなぁと思います。

先生がドーゾドーゾーっていうなら別ですが。






(こんなバカ正直に書くことってなかなか無いでしょうが後々揉めるのは面倒なので私は先に伝えたいです)






そんな事もあり私は自分で考えたいと思って研究している訳ですが

この頃は学べるものは学ばなきゃ追いつけない という焦りも感じて来ました






あははは〜〜







と、話はそれて来ましたが

自分のレシピにディプロマが必要か否か。







やはり私はディプロマを制定したいと思っています。


理由はお金を稼ぐこともありますが、自分で考えたものとして責任を持ちたいから。レシピが愛おしいからです。







上級講座を終えた方向けの試験がいいかなと。

指定レシピを作ってもらって冷凍→私まで郵送→チェック




こんな感じでできる気がしています。。。

早くちゃんと考えねば









講座の内容もちゃんと固まってないのに次から次へといろんな事が動いていてワクワクです




頑張ります




3月開講講座が終わったら一旦お休みします。

そして中級開講したいなと思っていますよ